競輪予想なら『みんなの競輪』

オートレースのルール・専門用語を学ぼう

オートレースのルール・専門用語

オートレースを始めてみると、レース実況やレース解説によく分からない専門用語やルールがでてきますよね。

オートレースのルールや専門用語をサクッと頭にいれておきましょう。

オートレース始めるならオッズパーク

公営競技(オートレース・競馬・競輪・競艇・LOTO)がネットで買える

入会金・年会費無料! 登録最短3分

【オッズパーク】新規会員登録はこちら

オートレースの主なルール

フライング

発走合図が完了する前に発走する行為。

機械での計測になるのでとてもシビア!こんなのがフライングなの?と思えるものもあります。

出残り

発走合図が完了したのに発走しない、または発走直後に停止する不適正発走。

後方スタート

発走補助ラインに接地せず、かつ発走合図が完了する前にスタートすること。(罰則対象になる行為)

スタート戒告

発走補助ラインに接地せず、かつ発走合図が完了した後にスタートすること。(9回出場中2回スタート戒告を受けると罰則対象となる)

内線・外線突破

走路の内線・外線を踏み越え内部・外部回避帯を通過すること。(反則失格となる行為)

周回誤認

決められた周回数を終える前にレースをやめてしまうことで反則失格となる。

販促妨害

競走中の妨害行為により反則失格となること。

主な妨害行為

押圧

併走状態の競争車の一方が内側・外側に詰め寄り相手選手の進路を狭める行為。

衝突

他の選手の競争車、または身体に接触し衝突をあたえる行為。

斜行

急激に斜めに進路を変更して後方の選手の進路と交差する行為。

競走戒告

妨害の行為が軽微で、反則失格に至らない場合。(6出場中2回すると罰則の対象となる)

タイムアップ

3着以内に入着し、雨天等走路状況の変化や相当の理由がないにもかかわらず、競走タイムが試走タイムより良い場合罰則対象となる。

試走戒告

3着以内に入着し、雨天等走路状況の変化や相当の理由がないにもかかわらず、試走タイムが競走タイムと比較して0.02秒/100m以内であった場合。(6出場中2回すると罰則の対象となる)

オートレースの専門用語を理解しよう

ドドド

競走中に突然激しい上下振動がおこり、操縦困難になること。

カマシ

スタート直後の1コーナーで、外側から一気にまくること。

切り返し

追い抜き技術の一つで、コーナーで先行車の後部外側につけ先行車がグリップを開けて内側から離れた瞬間に内側から追い抜く走法。

ちょい差し

ゴールの瞬間に着順が変わってしまうこと。

参考動画:オートレースの主なルールと独特の用語

以上が主なルールと専門用語でした。

これでライブ中継の解説などで首をかしげることもありませんね!

  オートレースメニュー